国際恋愛 イギリス人のジョーとの出会いのきっかけ

国際恋愛出会い ジョーとのストーリー

私Miyaはイギリス人のジョーとお付き合いをしています。その出会いについて絵を交えながらご紹介します。

スポンサーリンク

国際恋愛 出会いのきっかけ

私たちの出会い。

カナダで出会う

2016年夏

私はカナダでワーキングホリデーをしていてバンフに住んでいました。バンフではドライバーズガイドという仕事をしていました。

観光で来たお客さまのガイドとドライバーをする仕事です。

夏限定のお仕事で9月末で終了するため、バンフからカナダ国内のどこかへ引っ越そうと考えていました。

その9月末、バンフで出会ったイギリス人の友達アレックスが

「地元から友達が来るんだ」

というので一緒に遊ぶことになりました。

それがジョーでした。

国際恋愛出会い

ジョーは友達のアンソニーと一緒にバンフに来ました。

ジョーの最初の印象は、よくしゃべる人という感じで、まったくタイプではなかったので特別意識もしていませんでした。

みんなで出かける>泥酔する…

私たち4人はボーリングができるピザ屋で巨大ピザを食べました。

その後、アレックスの友達がキャンプファイヤーに誘ってくれたので参加。

北アメリカにはキャンプファイヤーでマシュマロをあぶり、チョコレートと一緒にグラハムクッキーで挟むスモアというデザートがあります。

飲んで話して笑ってスモアを食べて、楽しい夜でした。

その日はオーロラが見られるかも!という予報が出ていて、みんなで近くのバーミリオンレイクに行きました。

見られそうな場所を探して歩き回りましたが、結局見られませんでした…

たくさん飲んだのといろいろ動きまわったので、すっかりお酒が回ってしまい、私は泥酔していました。まともに歩けないほど泥のように酔っていました。

キャンプファイヤーに戻りましたがあまりに酔っぱらっていたので、とりあえず家に帰ることに…。

家に向かって歩き始めると(キャンプファイヤーから徒歩15分くらいの距離)、ジョーがやってきて家まで一緒に歩いてくれました。

優しい人だなぁと、印象がよかったのを覚えています。

数日後、みんなでバーで飲んでいると、アレックスがジョーを呼びバーにやってきました。ジョーはみんなと仲良くしていて、フレンドリーな人だという印象でした。

秋はバンフを出る人が多く、みんなで飲みながら

「バンフの後はどこに行くの?」

という話をしていると、偶然にもアレックスもバンクーバーへ移動することがわかり、ジョーもアレックスについて行きアンソニーはついて行かない予定ということが発覚。

一緒にバンクーバーへ

私はすでに夜行バスの予約済みで、誰が言いだしたのか、それがジョーだったのかは覚えていませんが、

「同じバスで行こう!」

ということになり、アレックスとジョーも同じバスでバンクーバーへ行くこととなりました。

バンクーバーに着き、私はバックパッカーズに宿泊。

彼らはエアービーアンドビーに宿泊。

イギリスからジョーの友達のネイソンがやってきて、彼らは3人組に。

彼らが出かける時に連絡をくれ、バンクーバー滞在の数日間は毎日4人で一緒に出かけていました。

バンクーバーを去る

私がバンクーバーに来た理由はバンクーバーに住むためではありませんでした。

しばらくカナダ旅行をして、次にどこの街に住むかを決めようと考えていました。

友達がいるトロントとモントリオールに行くために航空券を探していたら、バンクーバー発の飛行機が安かったので

「ついでにバンクーバーもチラ見しておこうか。」

くらいの気持ちでした。

どうやらジョーはその話を知らなかったらしく、滞在最終日にグランヴィルアイランドを観光し、私としてはバンクーバー滞在を締めた気持ちで、

「じゃあ、私はもうバンクーバー出るから。またいつかね。」

と挨拶をすると、ジョーはびっくり+怒り。

「裏切者!!」と何度も言われました。

アレックスには伝えておいたので、普通にバイバイ。

怒っている意味はよく分からず、特に気にせずトロントへ行きました。

当時は本当にジョーに興味がなかったんです。

むしろ他にカナダ人で気になっている人がいて、ジョーとは本当にただの友達でした。

続きはこちら

タイトルとURLをコピーしました