徳島への行き方 関西国際空港から電車とフェリー

南海フェリー 徳島

関西国際空港から徳島県に向かう場合、電車とフェリーで行くことができます。

2020年に利用した感想をご紹介します。

経路

  1. 関西国際空港で南海空港線空港エクスプレスなんば行きに乗車
  2. 泉佐野駅で南海線特急サザンに乗り換え
  3. 和歌山港で南海フェリーに乗船
  4. 徳島港で下船

費用

2,000円

関西国際空港から徳島港までのチケットを一括で購入できます。

関西国際空港から南海線の駅へ行き、窓口で「徳島港へ行きたい」と伝えましょう。

時刻と運賃については乗車前に公式サイトでご確認下さい。

内容

関西空港後

駅へ行きましょう。駅の場所がわからない場合はインフォメーションセンターで聞きましょう。

駅で

南海電車の窓口へ。

「徳島港へ行きたい」と伝え支払うと、チケットと時刻表を渡されます。

なんば行きに乗車し、泉佐野駅で乗り換えのために下車します。

泉佐野駅で

南海線特急サザン和歌山行きに乗り換え和歌山市駅を目指します。

※乗り換え時間が1分しかなく焦りました。焦って違う電車に乗らないようにご注意ください。

和歌山市駅で

南海和歌山港線(めでたいでんしゃ)に乗り換え和歌山港を目指します。

車内が海中のデザインですごくかわいい!!

和歌山港で

徳島港行きのフェリーに乗ります。

最近運行を始めた「I」というフェリーに乗りました。すごくきれいで設備がよく驚きました。

南海フェリー「I」の設備

新しく、清潔で、居心地のいいスペースが整っているいいフェリー。

船内では無料Wi-Fiが利用できます。

ごろごろくつろげるスペース

女性専用スペースの区切りもあります。

ロビースペース

売店や自販機があり、軽食・アイス・飲み物が購入できます。

イスやテーブルも豊富にあり、窓向きの席もあります。

キャラクターも描かれています。

作業スペース

PC作業がしやすい作業スペースもあります。各席にコンセントと電気あり!

無料Wi-Fiはシグナルが弱めですが、調べものしたりするには問題ありませんでした。

甲板エリア

甲板エリアに出ることもできます。お天気のいい日は気持ちいですね。

空いていたのもありますが、席数が豊富なので選び放題でした。

15:07関西国際空港発18:30に徳島港に着きました。

和歌山港までの乗換は多いもののフェリーの乗り心地はよかったので、高評価。

フェリーは数時間に1本の運行なのでタイミングが合えば利用すると便利だと思います。

参考にしていただければ幸いです。

タイトルとURLをコピーしました