スポンサーリンク

セントピーターズプール(St. Peter’s Pool)からジャンプ!ボート以外でおすすめの行き方は?

セントピーターズプール マルタ

セントピーターズプールといえば、マルタにある場所の名前で海に飛び込みができることで有名です。

マルタ在住のMiyaのもとへ2019年夏に甥っ子がマルタに遊びに来て、飛び込んでみたいというので行ってきました。

行く前に行き方について調べたところ、ほとんどがマルサシュロックからの往復ボートを勧めていました。

私はボートを利用せず、マルサシュロックから配車アプリBolt(旧Taxify)を3人で利用しました。

コストは1ユーロ!

こんな行き方もあるよ~ということを含めて、セントピーターズプールの体験談をシェアします。

セントピーターズプールとは

海です。自然が作り出したプールということで名前がついていますが、海です。ブルーラグーンのような明るい色の海ではなく、深い青と緑のきれいな海です。

岩場で、足がつかないほど海が深いです。

セントピーターズプールの場所

マルサシュロックの近くです。といっても、マルサシュロックからセントピーターズプールは湾を挟んで反対側にあり、徒歩で行くにはかなり大変な距離になります。

セントピーターズプール側が小高くなっているので、特に往路が上り坂できついです。

なので多くの方がマルサシュロック発着の小型ボートでセントピーターズプールへ行くようです。

セントピーターズプールへの行き方

マルサシュロックまでの移動

バス

セントジュリアンやスリーマからマルサシュロックに向かう場合、バレッタでの乗り換えが必要となります。

スリマやセントジュリアンから来ると、バレッタの一つ手前のバス停ボンビ(Bombi)で乗り換えることも可能です。しかしおすすめしません。

マルサシュロック行きは本数が少ない上に混みます。そしてバスドライバーがボンビを無視することが割と頻繁にあります。(過去に数回体験しました怒)

乗り換えはバレッタで!

ボート(日曜日)

スリマフェリーのあたりからボートが出ています。

日曜日はマルサシュロックでサンデーマーケットがあり、それに合わせて運行されています。

利用したことがないので詳細はわかりませんが、看板を見た感じだと朝10時出航のようです。今度確認してアップします。

タクシー

正直マルサシュロックに行くなら、タクシーが便利です。特に日曜日はマルサシュロックでサンデーマーケットがあるため、バスが非常に混みます。

ボートで行く場合は出航がおそらく10時でタイミングを合わせる必要があります。

2度ほどマルサシュロックサンデーマーケットに行ったことがありますが、タクシーが一番便利でした。

気になる料金ですが、セントジュリアンからマルサシュロックまで15~20ユーロ程度です。時間で言うと20~30分ほどで到着します。数人で乗ればお手頃価格で移動できます。

マルサシュロックからセントピーターズプールへ移動

歩けますか?>おすすめしません。

セントピーターズプール近辺にはバス停がありません。

一番近いバス停(Delimara)からでも歩いて20~30分かかります。しかも上り坂です…

なので歩くのはおすすめしません。歩道がなく車の通りが多いので非常に歩きづらく危険だと思いますし、炎天下の中日影もなく相当しんどいと思います。

ボート

マルサシュロックでボートの料金を聞いてみました。

一人往復10ユーロだそうです。ということは3人で30ユーロ。ちょっと高いなぁ。

ボートに乗ってみたい方にはちょうどいいかもしれません。

タクシー(配車アプリBolt)

今回私が利用したのはこちら。

3人で行動していて、マルサシュロックでランチを食べた後、Boltのアプリで車を手配しました。

料金はなんと!6ユーロ!!

紹介リンクから登録すると初回5ユーロ割引が受けられます。5ユーロ割引を利用したら1ユーロ!!3人で1ユーロ!!お得!!

アプリで配車手続きして4分で迎えに来て、乗り込んでから8分で到着しました。便利~!!

ボートが往復料金なのでフェアにするために往復で計算すると、往路1ユーロ+帰路6ユーロ(割引は初回のみのため)で合計7ユーロです。3人で乗ったので一人2ユーロ強ですね。

セントジュリアンからセントピーターズプールまでタクシーで行く場合

マルサシュロックまで行ってから~の部分が面倒な場合は、もちろんタクシーでまっすぐセントピーターズプールに行くこともできます。

私は帰路セントピーターズプールからセントジュリアンまでBoltのタクシーで帰りました。その時の料金がこちら。

San Giljanとはセントジュリアンのことです。 これは5ユーロ割引を受けた金額なので実際の金額は22.70ユーロです。

車でもいけるの?

行けます。いくつか駐車場があります。

セントピーターズプール駐車場

セントピーターズプールまでの道は一本道となっていて車同士がすれ違う時はドキドキするほど狭いです。そこを人が歩いているので、かなりひやひやします。

しばらくすると駐車場の案内が出てきますが、割と奥まで進んでも駐車場があります。手前で停めてしまうと、ここにもあったのか!と後悔するかもしれません。

こんな細い道運転するのは嫌!という方は手前の駐車場に停めてから歩いてもいいかもしれません。そこから歩いても10分程度で着きます。

私が見た中で一番セントピーターズプールに近い駐車場はここでした。

駐車料金は3ユーロのようです。

セントピーターズプール駐車場

マルタは小さな島国なので1日レンタカーするればぐるっと観光して回ることもできます。

結論

一人で行くならバスでマルサシュロックへ行き、ボートでセントピーターズプールへ行く。

複数で行くならタクシー。

セントピーターズプールの楽しみ方

夏のセントピーターズプールは非常に混みます。到着した時(午後2時ころ)は混み具合にびっくりしました。

セントピーターズプール

飛び込む

セントピーターズプール

セントピーターズプールでやりたいことNo.1の飛び込み!

甥っ子が飛び込んでくれました!私は無理です。足がつかない海が怖いので…

みんなポンポンとジャンプしていきます。

思いがけないところから飛び込んで岩があったりすると危ないので、みんなが飛び込んでいるところから飛び込みましょう。

くつろぐ

海は岩場で深い。浅瀬がないので私のように長時間浮かぶ技術がない人は浮き輪などを持参した方がいいです。

マルタのほとんどがそうですが、岩場なのでタオルを敷いて寝ても結構ごつごつと痛いです。

メインのエリアにはほとんど日影がなく持参のパラソルを開いている人以外は直射日光下です。

くつろぐなら右手奥がおすすめ。↓この右側を歩いて数分進むと…

セントピーターズプール

広くて空いていて日陰のエリアがあります。

セントピーターズプール

ここの方がゆっくりするにはちょうどいいです。

ごみ箱以外の設備はないので事前に必要なものは自分で用意していきましょう。

お水、スナック、日焼け止め、サングラスは必須です。

セントピーターズプールで飛び込をすれば旅のいい思い出になること間違いなし!

お気をつけて楽しんできてください。

このブログではマルタのあれこれを現地在住のMiyaがご紹介しています。

よかったら他の記事も見てみてください。

ホテル予約おすすめサイト

Booking.com
アゴダ

 

航空券予約おすすめサイト

エクスペディア

 

現地ツアーおすすめサイト
マルタのツアー

 

ご質問はこちらから

タイトルとURLをコピーしました